2019年04月26日

小休止: 平成の果てに


もういくつ寝ると令和という時代がやってくる。今オレは平成という時代の果てにいて少しばかりいろんなことをかみしめている。とりあえずなんとかここまで凌いで生きてきたよな、みんな。すごくたいへんな時代だったけど、なんとかここまでやってきた。そしてまだこれからも続いていくのだろう、多分。昭和の途中から人生を始めたオレは平成という時代を抜けて令和という今はまだおぼろげな霧のような中を歩き始めるわけだ。けれどオレもあなたもひとりじゃないさ。心配はいらない、ハッピーにいこう。

オレが生まれてこの方影響を受け続けている曲ってなんだろうって考えたとき答えはもうこの曲しかなかった。べただけどジョン・レノンの「イマジン」。天国も地獄もなく宗教も国境もない世界を想像してごらん、みんなは僕を夢想家というけどそれは僕ひとりじゃない、いつかみんなでひとつになろう、、というような歌詞なんだけど、普段歌詞とかあまり重要視しないオレにとってもこの曲がもつある種強烈なオプティミズムに溢れた思想にいつも立ち返らざるを得ない。現実を見つめれば見つめるほど、それと相反するように浮世離れしたこの歌の世界がオレの前に何十年も立ちはだかっているわけである。
ネットではビートルズとかいう4人でさえ仲良くできなかったくせに平和を語るなよっていう辛辣な意見も見かけたりするけども、それぐらい人間のエゴを抑えるのは難しいとも言えるわけで、またなかなか人間というものは進化しないものだなあとぼんやり考えるのだ。平成の果てに。

ところでみんなは先人たちをうやまっているだろうか。あえて今風に言おう。Youリスペクトしてるのかい?ってことだYO〜。もちろんオレは日本人として先人たちをすご〜くうやまっているわけだけど、洋楽かぶれの身としては外国人にも敬意を抱かざるを得ない。とくに「愛」という単語をよくぞ「ラヴ」ってしてくれたよな。さかのぼればラテン語が〜とかギリシャ語が〜とかなるのかもしれないが、ともかく2つの音でこれ以上素敵な響きは作れないのではないだろうか、「ラヴ」。
もしこれが例えば「モベ」にしようぜとかなってたら、エルビスのあのバラードは「モベミーテンダー」だしビートルズのデビュー曲も「モベミードゥ」になってしまう。ドリカム(本当はダニーハサウェイって書きたいけどさ。。)のあの曲は「モベ・モベ・モベ」になってしまうしジョンレノンのあのシンプルな名曲もただの「モベ」になってしまう。こういうことだぞ?つまり先人たちが「ラヴ」って単語を生み出してくれたからこそオレは沢山の名曲に出会うことができた。これを感謝せずにおれようかってことなのだ。生きていると何もかもに感謝感謝なわけだけど、多分それはすごくいいことのように思える今日この頃、平成の果てであるのだった。みなさん、いいゴールデンウィークを!
posted by オーナーセイジ at 19:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月16日

素晴らしき邦題の世界・2


ハローみなさんお元気ですか?今回も興味ない人にはまったくつまんない話題だと思うけど、がんばって読んでみてくださいね。
前回取り上げた曲が「Just when I need you most」で邦題が「アメリカン・モーニング」。今回は英語的には似た響きな「Just what I needed」、これまた失恋ソングではあるんだけど曲調からなんからまったく違っててついた邦題は「燃える欲望」。78年のザ・カーズのデビュー曲(多分そうだと思う)で当時のチャートアクションはまずまず。オレは当時からこの歌が好きだし、後に売れっ子になるザ・カーズの曲の中でも今もこれが一番好きだ。
 とまあそれはいいとして、いまいちど「Just what I needed」というタイトルをふりかえるが、なんというか日本人には全然ピンとこない上に覚えづらいそんな感じがしないだろうか。それにくらべて「燃える欲望」、、なんとスムーズに心に入ってくることか。そういう意味でこれは素晴らしい邦題と言わざるをえない。パンクムーブメントが過ぎ去ってニューウェイヴの時代にアメリカから登場してきたザ・カーズ。小気味いいビートとひねくれたポップ感覚。ほとんど同じ時期にデビューしたディーヴォをもっとわかりやすくしたような音楽性とも言える。今の若い子たちにも受けそうなんだけどなあ、どうなんだろう。

そのザ・カーズの中心人物だったリック・オケイセックとベンジャミン・オール。ベンジャミンのほうはずいぶん前に亡くなってしまったがリックのほうはプロデューサーとして現代アメリカンロックに多大なる影響を与え続けている。ウィーザーのブルーやグリーンは彼のプロデュースだし、意外なところではバッド・ブレインズの「ロック・フォー・ライト」も手掛けていたりするのだ。これを聞いて俄然興味をもつ人もいたりするかもね。若者よ、お宝は山のようにあるぞ〜!

もうすぐ10連休だかなんだかとんでもないゴールデンウィークがやってくる。お客さんが来るかどうか本当に心配。どこにもいかないって人いたらせめて飲みにきてください。お願いします。ではまた。
posted by オーナーセイジ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月07日

素晴らしき邦題の世界・1


平成も終わろうかというこの時期に古い話しで恐縮してしまうのだが、昔は洋楽の世界では日本独自のいわゆる邦題というものが当たり前のようにつけられていた。邦題がはまったおかげで大ヒットしたものもあれば、逆にアーティストに変なイメージがついてしまったものもある。大抵の物事にはいい面もあれば悪い面もあるわけで、邦題の世界ではそれが顕著である。だから悲しく面白い。そしていまも胸をくすぐる何かがある。

オレ、もしくはオレたちは今でもキングクリムゾンのファーストは「宮殿」と呼ぶし、ピンクフロイドのあれは「狂気」だったり「おせっかい」だったり「炎」だったりする。そして同年代ぐらいのロックファンだったらそれでほとんど話しが通じてしまう。「狂気」の話しをするときにわざわざ原題の「ダークサイドオブザムーン」がさあ、なんて話そうものなら「は?なにかっこつけてるわけ?」とかディスられそうですらある。

こうやって邦題はオレたちの感性の奥の深い深いところに浸み込んでしまっているのだ。だけども中にはそれはちょっとあんまりなんじゃないの?と時空を超えてつっこみたくなるものもあるわけで、今回はそんな例のひとつとしてランディ・ヴァンウォーマーの79年のヒット曲「Just when I need you most」をとりあげたい。歌の内容はその原題からも読み取れるように、自分が一番必要としているときに君は去ってしまったという悲しみtoo much な作品なのだが、それにどういう邦題がついたのかというとなんと「アメリカン・モーニング」、、、おい、そりゃあんまりじゃ〜ないか。当時アメリカンコーヒーがブームだったし歌の出だしでモーニングいってるしもうこれでいきましょうと当時のCBSソニーの担当者は考えたに違いない。そして確かにそれがはまって日本でも大ヒットしたわけだが、おかげでランディはああアメリカン・モーニングの人ねって感じの一発屋のイメージがもろについてしまった。長い目でみると果たしてこれでよかったのかと今でも考えざるをえない。この歌のもつ繊細さや情緒みたいなものはとりあえず粉砕されてるといっていいだろう。なんならオレもこの邦題のせいでランディの良さに気づくのに時間がかかってしまった。気づいたときには彼は48歳の若さで白血病で亡くなっていた。悲しい。
ただその反面「アメリカン・モーニング」というキャッチーな邦題がついてなかったらこれほど日本の人々の記憶には残らなかったかもしれない。そうしたいろんなことを想起してしまうところに邦題の世界の素晴らしさがあるとオレは考える。

時は流れて94年。ランディが亡くなる少し前日本ではビクターから「The third child」という新作が出ることになった。邦題はなんと「モーニング・ブリーズ」、、、うはっ、けっきょくそれかよ〜〜

posted by オーナーセイジ at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月04日

久しぶりに書いてみよう

とりあえず今回は動画は貼らないね。オレの近況はというと今年花粉症になってしまったことはまず記しておきたい。なんとなく頭の中で想像してたのより50倍ぐらいつらいぞ、なんだこれ。体がすっかりどうしようもないほどアレルギー体質になってしまった。タバコやめて4年目だけど、吸ってたときのほうが調子よかったような気もする。が多分気のせいなんだろうね。

元号が令和に決まった。オレは「建和(けんわ・けんな)」になると予想していて周りに言いまくっていた。外れたけど一文字当たった。惜しい。それにしても令和っていいね。時間がたつほどにどんどんよく思えてくる。シンプルで凛とした透明感さえ感じてしまうよ。昔のブログでも書いたけど、良くも悪くもへーせーというのっぺりした響きがそっくりそのまま現代日本の姿を表していたと思う。令和で気分も新たに素晴らしい日本になるようにがんばっていこうじゃないか。

これだけ久しぶりに書くのにたいして書くべきことも書きたいこともないんだよ。ちょっとしたスランプだね。リハビリ的にぼちぼちまた書いていこうと思っているのでよろしくであります。
posted by オーナーセイジ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記