2016年08月04日

シンゴジラ観てきたぞ


BGMはこれ以外考えられない。ニューヨークのメタリックロックバンド、ブルー・オイスター・カルトの有名曲で。しかしステージではなんか可愛らしいゴジラのセットとか使ってたんだね。ほほえましい。

さてさて「シンゴジラ」だよ。シンゴジラのシンは、新であり真であり神でありsin(罪)でありと伝えられてるが、まさしくその存在感たるや不条理なまでに圧倒的。勝手にでかくなって、勝手に進化して、勝手に放射能光線をぶっぱなす。
それに対して人間サイドは日米安保下における日本の自衛隊と官邸が中心。憲法にしばられ常識にとらわれた官邸は常に後手後手の政治判断しかできず、どんどん被害を拡大させていってしまう。そして満を持して攻撃を始める自衛隊だが、、、そのあたりの人間ドラマももちろんこの映画の見どころである。かなり秀逸なシナリオだと言っていいだろう。
さらにさらに何といっても最高の見どころはその映像そのものだ。監督の庵野秀明の執念を強く感じる。ゴジラへの愛情もね。ぜひこれは映画館で味わってほしいところだ。
ネタばれしそうなので、感想はこのへんにしておこう。ただ個人的には何年か前に発表されたハリウッド版ゴジラ第2弾よりも100倍ぐらい面白かった。ほんとだよ?

ほんとに暑い毎日だけど、負けずにがんばろうね。ではでは。
posted by オーナーセイジ at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして。Twitterのフォロワーの方にご紹介頂きました。興味深く拝読致しました。今後も時々お邪魔致します。よろしくお願い申し上げます。で、このBlue Öyster Cult(すみません『シンゴジラ』は未見です)ですが、最初に関心を持ったのは、おそらく中三の時、【MUSIC LIFE】誌(82年のいずれかの号)に見掛けた記事でした。KissもAerosmithも目くそ鼻くそと化していた時代ですね。当時の全米ツアー中の写真が掲載されていたように記憶しています。そこには、私の敬愛するバンド、The Doorsの元メンバー、Robby Kriegerの共演する姿がありました。高校に上がって買ってみたライブ盤で聴いた、彼等のスリリングな演奏には驚いたものです。収録されていたRobby参加の「Roadhouse Blues」もユニークでした。当時ブーム真っ只中のHMとは元来距離のあるスタイルが仇となって、日本では軽視されてしまった感も否めませんが、もっと評価されてよかったバンドだと、今も思っています。
Posted by 田村莞爾 at 2016年10月13日 15:35
コメントどうもありがとうございます。このブルーオイスターカルトというバンドはオレの記憶ではニューヨークのバンドでパティ・スミスなどとも親交があるのです。
そしてロックの世界にヘヴィーメタルという概念をはじめて持ち込んだグループとしても知られています。
まあいわゆるメタルでは全然ないんですが。
確かにファーストやセカンド、タロットの呪いなど今聴いてもけっこういいんじゃないかと思います。
こういうバンドも誰かが語り継いでいかないとですよね。
Posted by seiji at 2016年10月14日 19:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176356686
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック