2016年11月04日

制汗スプレーの罠


まじで季節感ない話題で申し訳ないのだけど、制汗スプレーのことについて語りたい。BGMは男臭さといえば、サザンロック。サザンロックといえばレイナード・スキナードの名曲「ザット・スメル」つうことで。
昔は香りの旅人と人々から言われたオレもそれなりに年をとり、加齢臭だとか体臭だとか微妙に気にするお年頃になってしまった。商売柄こまめに制汗スプレーなどをふりかけお客様になるべく不快な思いをさせないように努力をしてきた。
しかしいったんスプレーをするというルーティーンが出来ると冬とかでもやらないと不安になってしまう。そして結局年中スプレーをしないといけない体になってはや3年ほど。
そして今年の夏のある日、いつものようにスプレーをすると、脇に激痛が。めっちゃ痛い、まじで。
鏡で見ると真っ赤になっていて、なんかちょっと大きめのニキビみたいなのもある、、、なんじゃこれは。

ネットで調べると、制汗スプレーが原因でなっちゃう症状がいろいろ載ってて、オレの体に現れているものがまさにそれ。病院行けばわりかしすぐ治ったのかもしらないけど、とりあえず放置。たまにめっちゃかゆい。
こんな危険性があったなんて、、おそろしや。若い奴にそのことを言うと、えっ?常識ですけど?と一喝されてしまった。かつてはパフュームトラヴェラーと世界中の女たちから噂されてたオレもついにこのような情けない事態に陥ってしまった。

まじでみなさんも気をつけていただきたい。繰り返しになるけど、季節感なくてすまん。
posted by オーナーセイジ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177532109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック