2017年02月01日

禁煙1年、そしてジョン・ウェットンの死


さきほどジョン・ウェットンの訃報が伝えられた。体調があまりよくないとは聞いてたからなんとなく覚悟みたいなものはしていたけど、つらいものだ。キース・エマーソン、グレッグ・レイクとここのところプログレ界の大物が次々に亡くなってプチプログレファンのオレさえもかなり動揺している。今夜はクリムゾンの「太陽と戦慄」と「レッド」あたりで弔いだな。

さてちょうど1年前長崎の街は銀世界だった。凍えるような寒さの中で体調を崩し味覚を失ったオレは禁煙を始めた。もう一生分のタバコは吸いつくしたし、時代も時代だし思い切ってやってみるか、、そんな感じ。オレ自身でも意外だったのだがそれから1年が経過してしまった。この1年オレの体調は良くなかった。タール、ニコチンがあるのが当たり前でオレの身体は維持されてきたのだろう。それが急に無くなったオレの身体は抵抗を始めたように感じた。もちろん10キロぐらい太ったし、ろくなもんじゃないなあと思いつつももうオレは戻るわけにはいかなかった。もちろん戻るつもりもない。

やっとここ最近オレは生まれ変わったような気分を味わっているのだ。これは言葉にするのは難しい。タバコのない毎日を愛せるようになったとかそんな感じ。まあそういうことを記念して2月4日にパーティーを開こうと思うわけだ。タイトルは「ケムリに変わってお仕置きよ」というのだが、これをジョン・ウェットンの追悼のとこで書くのはなんだか心苦しいぜ、、でも許してくれ、こうやってブログを更新するのだけでもひと苦労なのだから、、
posted by オーナーセイジ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178616854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック