2017年02月20日

最新私的アニメガイド


どうもどうも今回は久しぶりにアニメネタ全開で行ってみようかね。多分以前にも書いたかもしれないんだけど、テレビアニメはほとんどの作品が一斉に新作として発表されて、大体12話ぐらいで最終回を迎えるというパターンを繰り返している。それを1クールといいまた、前期のアニメは〜とか今期のアニメは〜とかその1クール基準で語られることが多いわけで、そういうのはもちろんみんな知ってるよね?え?         今期のアニメも6〜7話目で後半戦にさしかかり、失速していくものもあればテコ入れ回で盛り返すものもあったりといろいろ楽しい時期ではある。
1クール=12話でおさまらない作品ももちろんあって2クールぶち抜きもあれば、第2期第3期に突入している人気作品もある。例えば「弱虫ペダル」や「この素晴らしい世界に祝福を」や「3月のライオン」などがそれに当たる。
やはりどうしてもアニメには抵抗があるし気恥ずかしいと感じる人におすすめしたいのが2期目が始まった「昭和元禄落語心中」と「ACCA13区監察課」かな。あきらかに大人向けだし、誰かに話してもドン引かれることはまずないだろう。
その次に気恥ずかしくないのが、謎が謎をよぶ「CHAOS;CHILD」と独特の世界観と可愛いキャラが話題の「けものフレンズ」だろう。特に後者は今押さえておくことを強くオススメしておく。
次に内容はめちゃくちゃ面白いのにタイトルで損してるというか誤解されそうなのが「幼女戦記」である。これはまじで面白い。
次に恋愛系だが今期はドロドロした展開になりそうなのが多くて少し疲れる、、というかなんでオレこんなの観てるんやろ?と思わせられるものが多い。タイトルだけザッと上げる「セイレン」「政宗くんのリベンジ」「風夏」そして今期のエンディング大賞を個人的にあげたい「クズの本懐」、映像であげてるのはこれです。
さあもうこのさいドンドン行こう。あとはまあ普通以上に面白いし、楽しめる作品として「リトルウィッチアカデミア」「ガブリールドロップアウト」「うらら迷路帖」「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」「南鎌倉高校女子自転車部」、京都アニメーションが今までと違った作風でせまる「小林さんちのメイドラゴン」などがあげられる。ケータイアプリが原作の「スクールガールストライカーズ」は微妙なキャラデザに戸惑いつつなんとかがんばってくれと願わずにはおられない。
さてこんな感じかな。もしこれを読んで多数の人にひかれてもオレは一向にかまわん。何度も言うけどジブリやディズニーだけがアニメじゃないし、最近アニメの映画がけっこうヒットしているけどそこらへんを押さえときゃOKみたいな風潮もオレは好きではない。かつてのロックがそうだったようにアニメも偏見との戦いを乗り越えていかなければならないだろうな。ではまた。
posted by オーナーセイジ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178837165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック