2016年10月13日

ツイッター始めました


お客さんからの押しもあってツイッター始めることにしてみた。とりあえず店で営業中流しているアルバムなんかを実況中継的に紹介していこうかなって思ってる。フォロワーってどうやって増やしたらいいんだ、これ?

もうみなさんご存じとは思うがツイートというのは小鳥のさえずりなんかを意味する言葉で、映像もさえずりイントロの曲を紹介している。もちろんほかにもいろいろあるけど、これが一番パニックっぽいかなあ。
オレがツイートという言葉を初めて聞いたのは中学生ぐらいの頃だ。もちろん英語の授業などではなくて、オーディオ関係の雑誌の中でだ。スピーカーの音が出る丸いのが3つあったとして一番大きい低音が出るとこをウーファー、その次の中音域が出るところをスコーカー、小さい高音域が出るところをツイーターと呼んでいた。こちらも小鳥のさえずりに由来しているのは言うまでもない。(けれど言っちゃう)

それが時代を越えて、こういうコミュニケーション・ツールとしてオレのそしてみんなの前に登場してきたわけである。やってみるとわかるけど、簡単にその時思ったことをつぶやけてしまう。これで失言して失脚した人も数知れずの、ある意味おそろしツールなわけだが使い方さえ間違わなければ有益だと信じてしばらくやってみようと思ってる。まあ向いてなけりゃあ撤退、撤退。ツイッターが世の中に登場してずいぶんたつわけだから、そもそも時代遅れなのはつっこんでほしくないところだ。

たった今ノーベル文学賞にボブ・ディランが選ばれたというニュースが舞い込んできて思わずコーヒー吹きそうになったじゃねえか、、、候補に入ってたことすら知らなかったよ。確かに彼の自伝読むとすごい文章だし、歌詞も世界に多大なる影響を与えるものだったしね、当然といえば当然なのかな、、、けれど彼はやっぱり音楽家であって、素直に喜べないなあ、個人的には。もしこれをさっそうと辞退したなら、あらためてディランに惚れちゃうぞ。
posted by オーナーセイジ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月05日

エイト・デイズ・ア・ウィーク


みなさんごきげんよう。昨日ロン・ハワード監督の最新ビートルズ映画「エイト・デイズ・ア・ウィーク」を映画館に観に行ったので、軽くレポートしておきたい。
もともとビートルズのライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウルという公式ライブ盤がLPレコードで発売されていたのだけど、それだけがいつまでたってもCD化されず、それはつまりいつの日かライブ音源を中心としたプロジェクトを始めるってことなんだなと確信もさせたけど、まさかここまで遅くなるとは思ってなかったな。
この映画はツアーに追われる若きビートルズの姿を軸にして、世界の熱狂ぶり、ケネディー暗殺やら公民権運動などの社会的な出来事、若者文化の移り変わりなど、そういったものを絡めながらビートルズの世界を抽出することに成功している。

オレ自身のことで言えば実は映画の最中何度も泣きそうになった。もうこれほどの熱狂を人類が味わうことはないのだろうし、ビートルズほどの存在も出てこないのだろうなという切なさにも起因するのかもしれないが、なんというかスクリーンいっぱいにはみ出さんばかりのビートルズの魅力そのものが圧倒的すぎるのである。悲しみだけが涙を生むわけじゃないからね。

ともかく、がに股でロックするジョン・レノンのかっこよさはまじで鳥肌もの。ジョンとポールがひとつのマイクでハモる「ベイビーズ・イン・ブラック」のサビの部分を聴いて、その瞬間「永遠」という単語が頭の中を駆け抜けたのはけっしてオレだけじゃないだろう。神様の贈り物だってこんなにイカしてはないはずさ。あーなんか文章が高校生みたいになってしまうな、、ビートルズのことを書くと。
平日の午後だったから観客は全部で10人ぐらいだったけど、学生服を着た中学生(?)2人組が気になったな。楽しんでくれたんだろうか。学校はサボったのかな。たまにはいいさ、こっちのほうが勉強なるよ、きっと。

ついグダグダ書いてしまったけど、一番の見どころは今まで白黒で音質もブートレッグみたいなものしかなかったものがクッキリシャッキリな感じで観れることで、特に映画館上映のものは特典映像として「シェイ・スタジアム」でのライブ映像が30分たっぷりついている。ひさしぶりにビートルズを満喫できてオレは幸せだったよ。ではまたね。
posted by オーナーセイジ at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月01日

激暑


夏が好きなオレも今年の夏にはぐったりさせられていた。通勤だけでもひと苦労。ましてや仕事なんかやってらんない、、でもそこをぐっと耐えてがんばっちゃうんだよな、、、日本人の悲しき性とでもいうのかね。薄ぼやけた意識の中で身体だけがルーティンワークを淡々とこなしていく。気が付けば店をオープンして、いらっしゃいませ〜などと完全営業モード。たまんないっす。仕事ピエロっす、これじゃまるで。

まあいい、今年の夏もなんとか乗り切って9月突入なわけだ。こういう時は熱い魂でこちら側をシェイクする、そんな音楽を聴くことにしよう。う〜んオーティスだな、やっぱ。オーティス・レディング、久しぶりに聴くとまじでサイコー。ちなみに禁煙8ヶ月目に突入。人生気合いだ〜!!

それにしてもオリンピック面白かったね。リオとか絶対無事に終わるわけないとか思ってたけど、意外となんとかなるもんなのね。日本のグレート選手団はほんとお疲れさまでした〜だよね。暑いしオリンピックだしでうちの8月の営業成績はボロボロだったけど、感動を力に変えてまた今月もがんばるとしようかね。それではバイバイ。
posted by オーナーセイジ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月04日

シンゴジラ観てきたぞ


BGMはこれ以外考えられない。ニューヨークのメタリックロックバンド、ブルー・オイスター・カルトの有名曲で。しかしステージではなんか可愛らしいゴジラのセットとか使ってたんだね。ほほえましい。

さてさて「シンゴジラ」だよ。シンゴジラのシンは、新であり真であり神でありsin(罪)でありと伝えられてるが、まさしくその存在感たるや不条理なまでに圧倒的。勝手にでかくなって、勝手に進化して、勝手に放射能光線をぶっぱなす。
それに対して人間サイドは日米安保下における日本の自衛隊と官邸が中心。憲法にしばられ常識にとらわれた官邸は常に後手後手の政治判断しかできず、どんどん被害を拡大させていってしまう。そして満を持して攻撃を始める自衛隊だが、、、そのあたりの人間ドラマももちろんこの映画の見どころである。かなり秀逸なシナリオだと言っていいだろう。
さらにさらに何といっても最高の見どころはその映像そのものだ。監督の庵野秀明の執念を強く感じる。ゴジラへの愛情もね。ぜひこれは映画館で味わってほしいところだ。
ネタばれしそうなので、感想はこのへんにしておこう。ただ個人的には何年か前に発表されたハリウッド版ゴジラ第2弾よりも100倍ぐらい面白かった。ほんとだよ?

ほんとに暑い毎日だけど、負けずにがんばろうね。ではでは。
posted by オーナーセイジ at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月28日

波が来たらとりあえず乗る派


ポケモンGO?むろんやってるさ。とりあえずレベル9あたり。オレはやくみつるみたいな人から侮蔑(ぶべつ)されるような人間でありたいので、やらないわけがない。
まあここまでブームになるとしぼむのも早いのかなあとは思うけど、しばしの間みんな楽しもうよ。久しぶりに見た世界規模の波だしね。乗ってけ、乗ってけ。ついでにいうとあれほどマイルとかいう単位に固執してきたアメリカ人どもが遂にポケモンのせいでキロメートルを学びつつあるらしい。なんか笑う。

先週土曜日は通常営業を行わず、オレの誕生パーティーということで盛り上がらせていただいた。足をわざわざ運んでくれた人たちどうもありがとう。個人的にはたいへん強縮したわけだけど、プレゼントもほんとにありがとう。また次の区切りを目指してがんばらないとなあ。

オレたちの世代にとって夏の映画ナンバーワンをあげるならば「ビッグ・ウェンズディ」と答える人も多いのじゃないかな。伝説の波ビッグ・ウェンズディに人生をかけるサーファーたちの映画なんだけど、まあとにかくサイコーだったなあ。若い人たちにもぜひ観てもらいたい青春映画の傑作だと思うよ。DVD出てるのかな、、

まあそんな感じで、、ごきげんよう。


posted by オーナーセイジ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月20日

Here comes 50 ages


これがオレの40代最後のブログである。あと数時間でオレの40代は終わる。もうさ50代以上の男共に生きる価値はあるのだろうかとついつい自問しちゃうわけよ。せめて老害などと言われぬようにつつましく生きていくべきなのだろうな。
BGMはビートルズの最高傑作の中の一曲と言って間違いないだろう「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」で。

ところでみんなお金は欲しいかい?まあ欲しいよね。しかしよくよく考えれば昔の大金持ちがどんだけお金を積んでも不可能だったことをオレらはわりと簡単に体験できるよね。ありがたみをさほど感じないってだけでさ。
世界中のおいしいものを食べたりとか、違う国に数時間で移動できたり、遠く離れた人とコミュニケーションとれたりとか。ほかにもいろいろ、、、今のオレたちと同じ経験や便利さを得ようとしたらとんでもない財力が必要となってくるはずだ。かつての人々にとっては。
つまりオレたちは利便性の面でいっても物質的な面でいっても、すでに相当満たされているといってもいいんではないだろうか。精神性がそれに追いついてないってことを除きさえすれば。精神性はお金じゃ買えないからね。影響は受けるけれども。
それでもさらにさらにお金を欲しがるオレたち人間は愚かで不幸で異常なのだと思わないか?え。。。思わない?、、、終了〜

それにしても暑い夏になりそうだ。ビールメーカーも例年の2割増しでビールを生産するらしいよ。いいねえ、夏のビール。ゴクリ。
ではではみなさんこの暑さに負けないようにね。
posted by オーナーセイジ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月08日

ジュライ


酔っ払ってま〜す。だからいろいろ書いちゃおう。ちなみにこの映像は最近EU脱退で揺れるイギリスを代表するバンド、ホリーズの有名曲なんだけど、レディオヘッドのなんかの曲に似てるよね〜、、なんだっけ、まじで思い出せなくてイラつく。ホリーズいいよな、、キンクスもいいけどさ。あのあたりのUKグループまじよすぎ。今とまったく違う。オレがイギリス人だったら若い奴にぶち切れちゃう、、なんなのお前らが聴いてる音楽?それでいいわけ?みたいな、、、大きなお世話だよね、ほんとそう。
とりあえず改行しちゃう。若い奴に言いたいことは沢山ある、しかしそれ以上に年寄りにも言いたいこと沢山ある。オレはきっとそこの中間地点。だから?あ、ごめん酔っ払っているがゆえに支離滅裂ではあるのだろうな、、ワハハ。
で?なに?なんか言いたいことあるの?オレはあるよ。え?あるの?あるって、書いちゃってるね、、ごめん、まじわけわかんない。ただね、イギリスもEU脱退か残留かで揺れたけど、ま、勝手にしやがれだよね、セックスピストルズだよね、もうすぐ選挙だし、みんなちゃんと行けよ?行くよね?今回の長崎の参議院の3択まじで地獄、、、なんなん?オレなりに結論出して不在者投票行ったけど、まじでありえないよ、、、クソすぎ。クソがゆえに研ぎ澄まされるよね、、、だが結局クソの中から選ぶんだけど、、、ワハハまじウケるなあ、、、、
posted by オーナーセイジ at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月21日

ゲリラ豪雨イン万屋町


「洪水がやって来た」、、訳すとこうなるのかな、多分。ジェネシスを脱退したのちソロでも大成功をおさめたピーター・ガブリエルのソロデビューアルバムのラストをかざる曲だ。それにしてもピーター若いなあ、、びっくりする。
そもそもなんでこの曲をチョイスしたかというと、昨晩このあたり一帯を襲ったゲリラ豪雨のせいだ。オレは若い頃「長崎大水害」を経験したんだけど、あの悪夢が頭をよぎったね。ちょっと泣きそうだったもんな、、
いつものように20時ちょい前ぐらいに店を開けてぼんやりしてると、ドッカ−ンと落雷の音が。それがしばらく続く。雷の音があんまりしなくなったなと思ったら店の天井の一部から水がポトポトと落ちてきた。まじか、、なんで水漏れ?と様子見てたら、ザバーッと洪水みたいに水が流れ始めた。バケツやら鍋やらセットするも1分ぐらいで満タンになってしまう。
超怖くなって階段を昇ってみると外はひざの高さまで水がたまってきていた。オレの顔は引きつった。これはまじだ、、まじでやばいやつだ。再び地下に降りバケツにたまった水を流しに流したりしながら、オーディオや照明の電源を落とし、このパソコンを高いところに上げたりしながらも必死に頭を働かせていた。どうする、、どうすればいいんだ、、
もうそのころには20秒ぐらいでバケツが満タンになるほどだった。もうこの店はダメかもしれない、、あきらめかけたまさにその瞬間明らかに落ちてくる水の量が減った。再び外に出てみると水が引き始めている。そうだオレは、そしてこの店も助かったのだ。なんとなくこれ以上は降らないという確信がオレにはあった。
掃除は大変そうだけど、どっちかというと地上一階にある店舗のほうが被害は大きかったようである。ほんとに自然災害は怖いなと痛感した夜だった。
心配してくれたみんなから電話やらラインやらもらったし、店を覗きに来てくれた奴もいたし、心強かった。みんなありがとう。ほんとにありがとう。
posted by オーナーセイジ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月16日

マスゾエズ・ヘアーカット・パーティー


90年代にシュガーというオルタナティヴ・バンドを結成するボブ・モールドが80年代にやっていたハスカー・デューというバンドの貴重なライブ映像だ。実際80年代にはキラキラしたしょーもないヒット曲ばかりがオレたちを取り囲んでしまっていて、アメリカのアンダーグラウンドではこういったパンク的なものを源流とするゴツゴツしたロックが産み落とされ続けているのだという情報はほとんどシャットアウトされてるといってもよかった。
後にニルヴァーナのカート・コバーンとかが彼らやバセリンズやミニットメンやブラックフラッグなどを好きだったと発言しなかったらオレは未だにこういう音楽とは出会ってなかったのかもしれない。

さてオレのブログにおけるマスゾエ3部作は今回で終わりを迎える。タイトルはまあ何となくノリでつけた。マスゾエは結局辞任に追い込まれたわけだが、東京都知事まで登りつめた男の末期としてはやるせないほど哀れだ。死ぬ訳でもないのに末期と思わず書いてしまったが、これから彼はどうやって収入を得ていくのだろうか。仕事がないうえに世間に後ろ指さされながら生きていかなきゃならないとか悲痛すぎる。ワイドショーなんかじゃ擁護する意見もそれなりに出てくるのだろうね。

オレはもちろん擁護などしないけど、彼が辞任することになっても一向に気持ちがすっきりしないのだった。なぜなんだろうか。オレ一人でむかつきまくってたと思ったら、実は集団リンチに加担してたみたいな気分になるからだろうか。
それにオレはマスゾエの中にオレ自身の中にはびこる欺瞞や矮小さやその他ありとあらゆる醜さを見出してしまうからじゃないのだろうか。もはや自分自身にウンザリしてくるというかそんな感じ、、、そして政治の腐敗はこれからも延々と続いていくのだろうし、なんだかあまりにも希望がなさすぎる。次回からは元気が出るようなことを書いていくことにする。ではいい週末を。
posted by オーナーセイジ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月06日

またしても


いろいろ解説したいんだけど、スティーヴ・ウィンウッドは有名なんでもういいよね?1980年の暮れを飾った傑作ということで。
それにしてもまたしてもマスゾエである。厳しく公正な第3者であるはずの弁護士のチョイスが最悪だったよね。記者の質問に対して上からもの言い過ぎだよ。余計都民の反発招くんじゃないのかな。
マスゾエの口からケジメをつけるというセリフが出たときは一瞬お?って思ったけど、結局やめないのな、、そりゃそうか。後は都議会に期待ってとこだけど、どこまで追求できるかな?

オレのブログにおいてここまで個人攻撃をしたのは多分初めてだと思う。ベッキーのときなんか果てしないネットでの個人攻撃を嘆いてすらいたのに、我ながらブレブレである。
だけど権力者に対してはそれすらも許されることなんだと言い訳させてもらいたい。

オレはあとどのぐらいかわからないけど、残りの人生の中で立ち向かわないといけない奴らがいることを認識している。ひとつは日本や日本人を貶めようとする勢力、ひとつは言葉狩りなどをしてやたらと人権を主張する勢力、さらにもうひとつは思考停止した奴らだ。思考停止した奴らは思った以上にたちが悪い。マリファナは悪いものに決まってる、とか。消費税上げないと日本経済がもつわけがない、とか。性犯罪を犯すのはアニメ好きのオタクと言われる人だ、とか。ほんとなのか?ほんとにそうなのか?常識の仮面をかぶってするすると近寄ってくる言葉ほど危険だし、それに対してオレたちはいつだって身構えないといけないよ。

ぐっ、、なんか真面目な展開になってしまった。あーあとビートルズをバカにするような勢力とも戦っちゃうな。かかってこいや〜〜〜〜!!!
posted by オーナーセイジ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記